まじめー僕の黒歴史

喜びを感じる時が減ったと感じている。楽しいことも無いことも無いのだが、はたかも、楽しんではいけない、と思っている時がある。なぜか。仕事による影響が大きい。仕事の中で、苦労をしなくてはいけない、と言う考え方が主流となっており、楽しんでいるなんておかしい、なんて雰囲気すら感じる。

こういった場所に長くいれば、楽しんではいけない、と言う考え方が体にしみわたってくる。休日すら、何か、まじめに生きよう、なんて思っているのかもしれない。そんなわけない、と思いたいが、残念ながら現実は違うようだ。

まじめに生きても面白いことはないのではないか、と感じている。まじめであって、周りの楽しそうな人たちがいれば、人生で負けたような感じを受けることがある。そう思うと、まじめが正しい、と言う感じ方はあまりいいことではないと思う。反面、まじめじゃないことによる、損も膨大だと思っている僕の存在がいる。ちょっとのミスでさんざん指摘をされて来れば、そうなってしまってもしょうがない。

まじめでありながら、喜べる、と言うことだってできるはず。まじめでなければいけない、という周囲の言い方が、僕を硬直させ、喜べない状態を作っているんだろうと思う。とても影響を受けやすい僕がいる。

思えば、小学生の頃、僕はまじめだったけど、人生も謳歌していた。ある程度の問題はもちろんあったけど、それでも、楽しいものの方へ僕は進み。周囲からはまじめだと言われていながら、毎日誰か友達と遊んでいた。そういう子供の頃の感覚を忘れさせてしまったのは、受験勉強だ。中学の時、遊ぶことを止められた。それから、遊ぶこと、密教のように隠れて行うこととなってしまった。もちろん、受験勉強だけの出来事だったのだけど、これをきっかけに、僕の遊びに対する考え方は「人生そのもの」から「余暇」に変わった。

まじめだけど、遊ぶ時は遊ぶ。小学生の時はよくできていた。今はそれを忘れてしまったかのような人生。過去出来たことだ、きっとまたできるようになる、という気持ちはありながら、遠くの話のように感じている、僕の心に驚かされる。

コメント

このブログの人気の投稿

ブログへの思いー僕の黒歴史

安らげる場所ー僕の黒歴史

お金ー僕の黒歴史